FC2ブログ

不動産の建物別用途

ここでは、「不動産の建物別用途」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現物による不動産投資を行う場合、どのような不動産を扱うのかを選ばなければなりません。 建物を利用する不動産投資を行うにあたって、建物別にどのような特徴があるのかを知っておきましょう。 ・アパート、マンション 自然環境、病院や学校などの公共施設やスーパーなどの商業施設、交通の利便性が求められます。 しかし、すべてを満たしていない場合、家賃との兼ね合いで事業化することは可能です。 需要は比較的安定していますが、収益性は高くはありません。 ・オフィスビル 通勤や取引先との交通が便利であるという立地が要求されます。 法人が主な顧客となるため、不動産投資の利益は景気に変動されます。 居住用の建物よりも賃料を高く設定できるので収益性が高い特徴があります。 ・駐車場 青空駐車場の場合は、土地の転用が比較的容易にできます。 入出庫しやすい立地であれば特に立地上の制約はありません。 立地条件によって収益性は大きく異なってきます。 ・ロードサイド店舗 交通量の多い幹線道路沿いにあり、駐車場完備などの立地条件が必要とされます。 ・ホテル 地域条件など立地が大きな位置を占めます。 初期投資や固定費が大きく、資金回収までに長い時間を必要とします。 また、事業のノウハウが要求されます。 ・倉庫、トランクルーム どちらも保管と安全のための設備投資が必要となります。 トランクルームは住宅地に近いなどの交通の利便性が必要です。 貸し倉庫の場合は、事業者が顧客となるため、収益は景気状況に左右されます。 ・商業施設(百貨店、ショッピングセンター、コンビニエンスストア、スーパーなど) 交通の利便性、駐車場の確保、顧客人口などの立地条件が要求されます。 賃貸借期間が長期に渡ります。 ・ゴルフ練習場 相応の土地面積で事業化ができます。 立地条件としては、主要幹線道路沿いに有り、ゴルフを行う人が多く住んでいる住宅地などが近くにある必要があります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。